難波愛の園幼稚園 学校法人 濱名学院 認定こども園

HOME

愛の園幼稚園について

沿革と建学の精神

沿革

1950年(昭和25年)5月創設者 濱名ミサヲは「第二次世界大戦後の混乱した世相」の中、特に幼児教育の重要性を痛感し、尼崎市からの強い要請もあり私財を投じて幼稚園を設立しました。
2016年4月幼稚園型認定こども園へ移行し3号認定を受けた2歳児からも受け入れられる幼稚園です。

建学の精神

人の心を受け入れ思いやる「愛」を幼児期に充分に培う場となることを願って「以愛為園」愛を以て園と為すとし、 「愛の園幼稚園」と命名いたしました。
人間愛を育む学園であることをめざし、子ども達には他者に対する思いやりを、教職員には教育力あふれる学園づくりを求め、濱名学院全体の建学の精神として継承しています。

認定こども園

認定こども園とは、幼稚園と保育所の良さを併せ持った施設です。
  • 保護者の働いている状況に関わりなく、3歳〜5歳のどの子どもも教育、保育を一緒に受けます。
    また、就労状況が変わった場合も通い慣れた園を継続して利用できます。
  • 2歳児(学年)の子どもで、尼崎市の3号認定(保育を必要とする家庭)を受けられた方が施設利用可能です。
  • 幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方をもった職員が担当し、教育、保育が一体として行われます。
  • 国が認定こども園としての職員配置及び、施設の教育保育環境や安全性などについて示した基準に基づき、兵庫県が認可する施設です。
  • 子育て支援の場が用意されていて園に通っていない子どものご家庭も子育て相談や親子の交流の場などに参加できます
学年の重点目標
5歳児(年長)…就学に向けて自信を持って行動する。 4歳児(年中)…いろいろな友達と、いろいろな遊びを楽しむ。 3歳児(年少)…幼稚園に親しみ、元気いっぱい遊ぶ。 2歳児…大切にされているという安心感の中で、のびのびと自分を出して過ごす。